CentOS-Logo
久しぶりにはてなに復帰。

かと思ったら、やっぱりLivedoor blogで。

だってデザインのいじり方、分からないんだもん。


テクニカルなお話はこっちに書こうそうしよう。


で、サーバー構築なお話。

企業で開発、っていってもLinuxサーバーを利用したWEB系やWindowsサーバーを主体にしたVisualStudioでの開発など環境は様々なんだけど、家で開発って言ったらやっぱりサーバーOSはLinuxだしょ。


というわけで、2013年5月に出たばっかりのCentOS6.4をインストールしてみることにした。

インストールするPCはPanasonicのCF-R4GW5AXR。ノートPCである。

しかもCPUはPentiumM、メモリーは512MB、HDDは40GBという、なかなか厳しいスペック。。。


だが、やる!



CentOS6.4の32ビット版を以下からダウンロードしてDVDに焼いて外付けDVDドライブでノートPCに接続して起動。

http://www.centos.org/

失敗。。。

どうしてもテキストモードによるインストールになり、インストール時のパッケージ選択などが出来ない。


ちなみに構築するサーバーの使用用途は以下の通り。


  1. Redmine
  2. Subversion(後にGitに変更)
  3. Jenkins

つまるところ開発をするための管理サーバーといった用途で使用したい。

つ~わけでApacheやTomcat、Java、MySQLなどはインストール時のデフォのもので良いので、ちゃっちゃっとインストールしたいと思っていた。

しかし、インストール時にパッケージ選択できん。


調べてみるとCentOSのインストーラはメモリーが少ないハードだとテキストインストーラーになるらしい。

テキスト、英語ばっかりでイヤンな感じ。


ふと考える。そしてAmazonで検索。

PanasonicのCF-R4GW5AXRで使用できるメモリーっていくらなん?





¥4,500くらいでした。使えなかったらどうしよう。。。

だが買う!


というわけで、メモリーが届いたこの週末。

俺のノートPC、Let's noteがLinuxサーバーとして復活する!!!

・・・かもしれない。

以下、次回。