物欲番長半端ない。

Fitbit Versaを使ってもう2年以上になるのかな。

そのVersaの調子が最近悪い。

バッテリーが1日持たないし、充電していても「充電されていません」てメッセージが何度も出て放置中のVersaが何度もバイブをブルブルいわせてる。。。

最近は腕に付けていて傾けても文字盤が表示されない時があるし。。。

それにVersa2なんていう後継機も出ているみたいで、そろそろ買い換えたほうが良いのかも。

そう思ったら、もうポチってましたwww

1.いざ、開封の儀

買ったのは、Apple Watch Series5のGPSモデル(非Cellular)、44mmのシルバーアルミニウムでWhite Sportバンドのヤツ。
前振りしといてVersa2じゃねぇぇぇじゃん、って自分に突っ込み入れそうになったわwww

というか、AppleWatchSeries5の日本での発売日は2019年9月20日だったはずで、ほぼ1年前のプロダクトなわけですが、色々スマートウォッチを物色してみたけど、調べれば調べるほど、あと自分の要求を突き詰めれば突き詰めるほど、iPhone持ちはAppleWatchで良いんじゃねぇ?的な考えになりましたわw

コロナ渦なので当然Amazonで買いました。50,360円でした。これでも一番安いモデルのはずです。高ぇぇぇっす。

届いた箱、長い。白い。下手したらiPhoneの箱より体積ある。デカくね?w

内容物は時計本体とバンド、充電器。

で、自分はUSB-C端子に付けれる充電器とステンレス製の金属ベルトを別途購入。こういう、アクセサリー的なものを探すのが楽しい。

だってさぁ、会社行く時に付けていきたいので、なるべくビジネス寄りにしたくてバンドは金属製、あと充電が持つか分からなかったので、会社でも充電出来るように充電器購入。

Cellular版を選ばなかったのは高いから。あと、この知識があっているのか分からないけど、キャリアーに縛られたくなかったから。SIMフリー版ってないよね?あったら泣くけどw

2.Apple Watch Series5を選んだ理由

自分が初めてスマートウォッチとして選んだのはPebble Watchでした。玩具みたいな黒いやつ。

安くてE-Inkで白黒表示で、でも常時表示で時計として十分で自分的に満足はしていたんだけど、通勤時に使用するには若干チャチい感あったわけで、そのうちPebbleが買収される噂が出て、その当時最新のPebble time steelを買ったらカラー液晶だけど常時表示でバッテリー持ち良くて最高でしたが、本当にFitbitに買収されて1年後にはPebbleのサービス止まってPebble time steelも針が止まった。

そしてPebbleを買収したFitbitからPebbleに似たスマートウォッチが出る、ってことで買ったのがFitbit Versaで、でもそれは時計盤が常時表示されなくて。
時計付けてる腕を傾ければ表示されるけども、表示されるまでのタイムラグが気になって、そしてそれは自分が求めている時計ではなくて、この頃のスマートウォッチはバッテリーの関係もあってほぼすべて常時表示ではないものが主流で、自分も我慢して使っていた。

何が言いたいのかというと、時計盤が常時表示されなければ時計じゃない。
自分にとって、スマートウォッチたりとも、まず「時計」であるべきだ。

そして今度のApple Watch Series5は時計盤が常時表示される。表示のされ方はアレだけれども。

それは「選んだ」というよりも「買っても良いかな」と思った。そんな感じの理由だ。

あと自分がiPhone使いなので、AppleWatchだと親和性が高いかな?ってのも理由の1つだ。

今まで使っていたFitbit Versaと比較してみるとApple Watch Series5の長所は

  • 常時表示
  • 時計盤が大きい
  • Suicaが使える
  • アクセサリー豊富

ってところだろうか。多分。

短所は

  • 高い
  • バッテリー持ち
  • 文字盤を気軽に作成できない
  • みんな結構持ってるので、自分のアイデンティティが!

ってところだと思う。多分。

Fitbit Versaの好きなところはJavascriptとSVGの知識があれば文字盤を自由に作成できる、ってところで、実は下のVersaの文字盤は自作です。恥ずかしくてStoreに出してはいないけど。

・・・こう比べてみると、文字盤のサイズ差が歴然としてるな。

・・・あとなぜか秒針がずれてるな、なんでだろ。

まだ弄り始めて数日とかなので文字盤の変更方法が未だに分かってないんだけど、今のところ自分のアイデンティティをキープするためにはバンドを変えないと!と自分の中で購入前から思っていた。

要は、自分表現が下手なりに、みんなが同じものを持っている中で自分だけのアイデンティティを放つことができるのか?そんな挑戦的な精神を養ってくれる。

Apple Watchは、自分にとってそんなアイテムであってほしい、そう願って購入した。

3.使ってみた感想

使ってみた、といっても(この記事作成時点で)1週間も使ってないけどなwww

Apple Watchの電源を入れて、iPhoneとのペアリングを求められて、iPhone上で指示に従っていけばセッティングは簡単に終了する。

で、腕に付けてみると・・・重いwww

Fitbit Versaがよっぽど軽かったんだろうなぁ。あと今回変更した金属製バンドも影響していると思う。でもこれは多分慣れると思う。大丈夫だ。

あと、画面が綺麗なのと、思った以上に画面が大きい。これはいい。これだけでも、かなりテンションが上がる。

それから、以前のFitbit Versaはガンメタだったんだけど今回はシルバーなので、なんか目立ってる。そんな気がする。会社に付けていって大丈夫かな?まぁいっか。

ただ、通知が来ない。来ないぞ?
俺が通知として来てほしいのはGMailとLINEとChatworkくらいかな。・・・Twitterは依然、性に合わないw

Fitbit Versaの時はFitbitアプリインストールしたら、ほぼ設定いらずでバンバン通知が来て、逆に通知を切る設定をアプリごとに実施するって感じで結構お手軽だった記憶がある。
通知機能は、普通の時計ではなくスマートウォッチを選択するうえで重要な理由だったので、早く設定したい。
手元で何か情報と繋がったり誰かと繋がったりすることは、人生の速度と孤独を改善する。多分。


通知設定はWatchアプリから

Watchアプリのマイウォッチを選択すると、文字盤を変更したり出来るんだけど、このアプリの「通知」から潜っていくと、次の画面の上部で説明書きがある。

通知は、Apple Watchが腕に装着されており、ロックが解除されているときのみ、Apple Watchに表示されます。

マジか?!
だからApple Watchに通知が来ていないように感じたのか。

また、iPhoneを実際に使用しているときは、通知はApple Watchには表示されません。

そうだったのか!
つ~か、「iPhoneを実際に使用しているとき」ってどうやって判定しているんだろ。

この画面で通知インジケータのON/OFF、プライバシーのON/OFF、そしてアプリごとの通知のON/OFFが設定できる。

ここで、通知が来てほしいアプリはONに、そうじゃないアプリはOFFにした。

あと関係無いけど、iPhone上のWatchアプリ、正直自分には無関係だと思ってました。


バッテリー残量を表示させる

通知の設定で分かったのが、文字盤の上に赤ぽっちが表示されてたけど、それが未読通知がある印でした。

でも、そういやぁバッテリー残量ってApple Watchに表示されてないね。
iPhoneでしか分からないのって、なんとなく不便?すこし不安?そんな感じだ。

なので、ついでに文字盤にバッテリー残量を表示させてみる。

文字盤上のレイアウトを変更するのって、iPhone上のWatchアプリでやるのかな?と思ったらApple Watch上でやれるみたい。

Apple Watchで文字盤が表示されている状態でだいぶ長押しすると文字盤の下に「カスタマイズ」ってのが表示されるのでタップするとカスタマイズ画面になるので左にスワイプしていくと、表示されているパーツのみが表示される画面になるので、そのうちの1つを(俺の場合は「月」のマーク)タップして「デジタルクラウン」を回して「バッテリー」に変更する。

これで、Apple Watch上にバッテリー残量が表示された。
わけだが・・・自分は文字盤を「カリフォルニア」ってやつ?にしているんだけど、デザイン的にバッテリー残量を表示させるのは”なし”だなと思ったw
というかバッテリー残量の表示デザインが丸型ってのが好きくないww


4.まとめ

まだ、使いこなしているとは言い難いけど、今回買ったApple Watch Series5は多分以下の点で「買ってよかった」と思えるモノになると思う。

  • 常時表示
  • 画面綺麗
  • Suica

上記の3番目はまだ使ってないので、早く使ってみたい。
改札口に来たら、服のポケットからiPhone取り出してタッチして~、てところが腕に付いてる時計でタッチして、ってなるとワンオペ(死語)で時短でゲーム中断しなくて良いよね?

でも調べてみると、1つの同じSuicaをiPhoneとApple Watchの両方に入れておくことは出来ないみたい。
そして自分はViewカードではないのでオートチャージではなく、iPhoneからモバイルスイカ起動して手動でチャージしているわけで、そのSuicaをApple Watchに移動してしまうとチャージってどうやるんだろう?

つまりはViewカード持て、ってことなんだろうな。

つ~わけで、Apple WatchでSuicaを試すのはもう少し先になるかな。。。

いづれにせよ、テンション爆上がりです。


少し話題は変わるが。

以前にゲーミングマウスの記事の中でも触れたけど、最近重要視しているのが「テンション」だ。

このご時世で「気分を上げる」ことが難しくなってきた中で、でもそれを実行するためのきっかけをどうやって見つけるか自分で作るか、みたいなことが重要だなぁ、とリモートワークやってたりやらせたりしている中で思い始めています。

それを自分の中にだけ求めるには限界があるわけで、自分の外、モノに求めるということは昔から人間はやってきた行為であるわけで、このご時世で「物欲」は「正義」だ。

そう、「物欲」は「正義」である。


てな感じです。

今日は以上!



やべぇぇぇ、最近金使い過ぎだぁぁぁwwww

「正義」を貫くって、辛いw


【今日の音楽】
ヨルシカ
収録アルバム: だから僕は音楽を辞めた
2019/4/10